カテゴリー「自然素材」の記事

2014年5月 4日 (日)

エンジュ輪切り

0001_2
エンジュの丸太を加工した自然素材が入荷しました。

久しぶりに、製造できました。

「輪切り」「斜輪切り」「斜板」などの形状に、加工します。

自然素材なので、サイズなどはひとつひとつ、違います。

同じものが2つと無いのが、木材のおもしろい&愛おしいところでもあります。

写真の素材は、「エンジュ輪切り 60-No.1400」という商品名になります。0002


数字の最初が、高さを表していて、

「60」だと、60mmの厚さです。

続く、「No.1400」という数字は、税抜1400円という価格で、

自然素材を分類しています。

大きさや形だったり、その時の丸太の時価だったり・・で、

価格に変動があります。

写真は、丸太の木口の長いところで、約190mmです。

 「エンジュ輪切り」を紹介したくなった理由があって、

久しぶりに書いています。

新しく入荷出来たということもうれしいことの一つなのですが、

ホームセンターで配られているフリーペーパー「PaKoMa(パコマ)」という小冊子があるのですが、

2014年5月号(vol.196)を手に取ることができました。

三田村邦彦さんの連載の「手仕事工房」というコーナーで、

毎月工作をされて、作品を紹介している記事があります。

今月は「スタンド型ライト」でした。

その土台に使われていたのが、「エンジュ輪切り」でした。

弊社の商品というわけではないのですが、

自然素材を使われて作品を作られていたので、

うれしくなりました。

土台について使われている樹種についての説明はないのですが、

「エンジュ輪切り」は、辺材が黄色い色をしているのが特徴です。

お土産屋さんなどでも、木彫りで茶色と黄色い色のコントラストを活かした作品を多く見かけます。

「エンジュ輪切り」は、ずっしりとした重さもあるので、

土台にはぴったりです。

「木のお店・常木」でも、販売出来るように、商品登録しようと思いました。

自然素材を使った作品が、いろいろ紹介できると良いなって思っています。


2013年9月29日 (日)

ちぎり絵作品「曼珠沙華」

0002


 ちぎり絵を楽しんでいる母にお願いして、

「エンジュ耳付きプレート」に「曼珠沙華」の花を貼ってもらいました。

「エンジュ耳付きプレート」は、幅が約150mm、長さ約300mmのサイズです。

普段は色紙に貼ることが多いので、地が白色であることが多いですが、

「曼珠沙華」の鮮烈な赤色が、エンジュの木目に負けないぐらい主張できていると思うので、

木材に貼ってもらうのも良いかなと思いました。

0001_2 

 しばらく事務所で飾っていたのですが、

多くの方に見てもらえたらと思い、

静岡市七間町のお店に飾ってもらえるように、静岡市へ引っ越していきました


2011年11月14日 (月)

ちっちゃな・まつぼっくり

0055_2  「まつぼっくり」の商品としてお出ししているまつぼっくりは、次の写真なのですが、サイズの小さなまつぼっくりをより分けていたら、かわいらしく感じられたので、並べてみました。色や形など、それぞれが違うので、趣があり、眺めていると癒される感じがします。季節は「秋」なので、そのように感じるのでしょうか?

0046  商品の「まつぼっくり」も、1年の中で、ご注文を頂くことが多いシーズンになりました。「秋」を感じさせるディスプレイや、クリスマスに向けてご利用いただけているみたいです。

 

0066_2  こんな風に、利用してくださっているのかなぁ~なんて、思ってます。華やかなディスプレイには負けちゃいそうですが、素朴さを生かしてもらえたら、うれしいです。

0067

 ちっちゃな・まつぼっくりを並べて、小さな額を作りたいと考えています。できたら、またアップします。

2009年9月 9日 (水)

だいす木コレクション1「イチイの輪切りと年輪」

Dsc06186  イチイの輪切り・・直径75ミリぐらいの切り落としです。切り口をベルトサンダーできれいに磨くと、年輪がはっきり見えてきます

下の写真が、磨く前です。

Dsc06185  年輪がきれいに見えてくると、数えてみたくなり、この木は何年成長していたのか、確かめてみることに・・

Dsc06187  数えてみたら、59年成長していたことがわかりました。

 年輪の中心から、良く成長している方向には49ミリぐらい。その反対側へは、29ミリでした。

 5年ごとに印を付けてみると、あまり伸びなかった5年もあれば、ぐんと伸びた5年もあることがわかります。

 直径75ミリで、59年かかっていることを知ると、大切にしなくっちゃ・・と、あらためて思うのです。

個人的には、「サンダー磨きで、ツルツルゥ~」と、その手触りの気持ち良さは、お勧めです。イチイの木は、手に持っていても、あたたかみがある木です。

2009年2月10日 (火)

エンジュの輪切り

Enjyu  木口をじっと見ていたら、子供の頃、父が食べていた酒の肴のサザエのつぼ焼きの入り口をふさいでいふたの裏側に似ているなぁ・・なんて思いました(*゚ー゚*)。子供の頃、もらっては大事に持っていました。

 通常出荷しているのエンジュの輪切りは、外側の皮をむいて、黄色い白太の側面をなだらかに仕上げ、年輪も丸い状態のものです。写真のように、側面を切り落としたものは少ないです。黄色と茶色(赤身の部分)のコントラストが特徴の木です。