« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月の投稿

2013年10月22日 (火)

ひばチップ ランプシェード

0028

virgoひばの香りに包まれながら、

ひたすらボンドでひばチップを接着しながら積み上げます。

今は、高さ11センチぐらいです。

小ぶりな感じですが、

7Wのローソク球を入れているので、全体的には明かりがいきわたっていると思います。

温かみのある色あいになっているんじゃないかな・・って思います。

7Wのローソク球は、

以前テラコッタ陶芸で作ったランタン型ランプで使っていたものです。

0027 

 ホオのリング20mm厚×130mm(穴83mm)にボンドで接着しています。

 今回は、透明度にこだわって、

「ボンド ウルトラ多用途 SU クリヤー」120mlを使用しました。

 

 約3時間くらいは、ペタペタと接着しました。

あと、もう少し、

ボンドを使い切るまで、

仕上げるつもりで、上部をきれいにしていこうと思っています。

0025

2013年10月20日 (日)

「ひばチップ」

 昨年、11月4日にオープンした

『古民家風ショップ・ひば工房 佐々木』さんを訪ねることができましたvirgo

 ポストに、チラシをいただいていて、

ホームページも確認していて、

一度、行ってみたいな・・って思っていました。

ひばの香りshineが満載のお店です。

 弊社も木が置いてあるので、訪ねてきてくださる方は、

「木の香りがしますね・・」とおっしゃってくださる方がいるのですが、

住んでいるので、家houseの日常の匂いなので、

慣れっこになってしまって、感じなくなってしまっていることの方が多いです。

なので、

「ひば」だけ!の香りは、新鮮な気持ちになりましたconfident

青森ひば材の床や、水屋があり、「和」の雰囲気に癒されます。

柿渋の黒色が渋く、落ち着いた色を見せてくれています。

0026_3佐々木さんに、「青森ひば」の話をあれこれ聞きながら、

お土産に「ひばチップ」をいただきました。

このひばチップを使った、「ひばチップ ランプシェードflairshine」を見せていただいて、

作りたいな・・って思いました。

「ひばチップ」の積み重ね方を教えていただきましたので、

作りたいと思います。

「ひば工房 佐々木」さんのホームページアドレス

http://www.sasaki-kenchiku.jp


2013年10月18日 (金)

ちぎり絵「ふくろう」

0024
100mm×100mmの神代タモの板を12枚使って、

300mm×400mmの板にして、

母にちぎり絵作品を作ってもらいました。

virgo私からのリクエストで、 「ふくろう」をお願いしていました。

橋本元宏先生の「空極の糸鋸木工芸 はじめての木象嵌」(日貿出版社)という本の表紙になっている「ふくろう」の図案が、「ちぎり絵」でも作れそうに思ったからです。

0001_2 

 「森の知恵者」としての「ふくろう」は、

母も好きで、

以前に、virgo私がテラッコッタの陶芸作品を作っていた頃、「ふくろうの形をしたウィンドベル」を母からリクエストされて、作ったことがありました。

 なので、「ふくろう」のリクエストは、

気に入ってもらえたようで、

左の色紙も作ってくれました。

0023

 10月なので、ハロウィーンを意識して、

「かぼちゃ」も貼ってくれました。(来月は、はがすように、出来ています)

 

 


レーザー彫刻機

0017_2 

 明日は、子供たちがお世話になった小学校で、PTA主催のバザーがあるので、

何か提供できないかと思い、

レーザー彫刻機で、彫ってみました。

クリスマスオーナメント・3柄は、娘のデザインです。気に入って、購入してくださる方がいると良いのですが・・。

0019 

 レーザー光線で、図柄を焼き切っています。 

 

 今回は、ホオ板、厚み3mmを切り抜いています。 

 

 昨年は、12月のクリスマスフェスタで、オーナメント3種を販売しましたが、

今年は、WEB SHOP「木のお店・常木」でも販売してみようと思いました。

 

 

 

 

 








2013年10月 9日 (水)

ウッドターニング作品

0020

 ウッドターニングの作品「つまようじ入れ」です。

ネコバス工房さんが作っています。

以前、ボールペン作品もいただいていて、使わせてもらっています。

0022 

 弊社の15×15×200mmのミニ銘木を使って作っていらっしゃいます。

 

 「リオグランデパリサンダー」から削り出しています。

 0021

 

 木目の美しさが際立つ作品です。

 今度、「木のお店・常木」で販売させてもらえるように、お願いいたしました。


 

2013年10月 5日 (土)

「ハノイの塔」

0012
「アカシヤ」の木で作られています。

木工を楽しまれている方が、作品を持って、見せに来てくださいました。

アカシヤの街路樹を伐採した材料で作られたそうです。

木材の木目や厚みがあると、インテリアになる感じです。秋の夜長に、「ハノイの塔」を、じっくり楽しめそうな雰囲気です。

0016 丸型は、ケヤキの土台です。

2013年10月 4日 (金)

陶芸作品「一輪挿し」

0010
taurus次男が、部活動で陶芸をしているのですが、

今回は「一輪挿し」を作ってきてくれました。

さっそく、庭のばら「ファミー」が咲いていたので、活けてみました。

0011  
 

 taurusが、作ってきてくれる作品は、

陶芸の本の作品から見つけて作っているようです。

作品を持って帰ってきてくれるので、楽しみにしています。

2013年10月 3日 (木)

1/12サイズ 木製家具

弊社の木材を愛用していただいているお客様が「作品」を持ってきてくださいました。

0006『和室のちゃぶ台』

0007_3
 裏側・・まで、撮影cameraさせていただきましたcoldsweats01

 「チーク円板 3×90mmφ」とチークの工作材を使用し、

丁寧に塗装と磨き工程を施した、

「高級ちゃぶ台shine」になっていました。

「たたみ」「座布団」「籠&みかん」もすべて手作り作品です。

0008_2
『夏の風物詩-縁台-』

0003 
 
 

 弊社のヒノキ工作材を使用して作っていらっしゃる桧製の縁台です。

 

 縁台の上に乗っている「豚さんの蚊取り」や「盆栽」も手作りです。

「蚊取り」作品のスケールをお伝えできるようなcamera撮影をしていないことが、悔やまれていますthink

virgoの指先ぐらいの大きさなんですsign03

 小さな作品に、ただただ感心&感動してしまいます。手先の器用さにその方の指先を見てしまいました。

 

 日本人ならではの「和み」を感じさせてくれる作品作りをテーマにしておられるようです。

写真も持ってきてくださり、いろいろと見せていただきました。

「木のお店・常木」を始めて、

木工を楽しまれている方々の作品を見せていただくような機会が増えたことは、

とても楽しく、うれしいです。

ありがとうございますvirgo

2013年10月 2日 (水)

ちぎり絵作品の台紙に・・

0005


 「神代タモ 5×100×100mm」の板12枚を貼り合わせてもらって、

ちぎり絵の色紙の代わりにしようと思っています。

 

 さくひんが出来上がったら、

またご報告いたします。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »