2014年12月21日 (日)

クリスマスプレゼント

Cp1320058Cp1320057
クリスマスxmasが近くなり、親しい方へプレゼントpresentを贈りたいので、いろいろと準備しています。

2歳の姪っ子へのプレゼントです。

「クリスマス柄」のマスキングテープを使って、「シナ宝箱」をデコレーションしてみました。中に「トナカイ」の切抜きを入れて、渡しました。

シナの白い色が、ポップな色合いを引き立たせています。ただ貼っただけですが、はがすのも簡単なので、季節にあわせて貼り替えてもらったら、箱も違った印象になって、楽しめそうです。

パッチン金具の開け閉めが、楽しそうでした。

Photo 

 先日の友人たちとの忘年会では、「プチプレゼント」で、

「ウッドカードスタンドキューブ」を用意してみました。

この時期、きっとかわいいクリスマスカードも届いていることなので、

ちょっと立てるのに使ってもらえたら・・と思いました。Cp1320468_4

Cp1320469 写真は、自宅のリビングのクリスマスツリーxmasを写してみました。

 紅茶のティーパックを数袋詰合せて、差し上げました。

今年は、私virgoが「クリスマスイルミネーションflairshine」にとっても癒されましたので、

友人たちにも、クリスマスイルミネーションを見ながら、紅茶を飲んで、ほっこりとした時間を過ごしてもらいたいな・・という気持ちです。




WEB SHOP「木のお店・常木」では、

ご購入いただいたお客様用に、「木の名前マグネット」を用意しました。

今年は、樹種も増えて13樹種。

レーザー彫刻で、木の名前を漢字で記しています。

木の名前の漢字を知る機会になってもらえたら・・と思っての、プレゼントです。

ハニカムのように並べてみたら面白いなぁと思って、

形は六角形です。Cp1320470


2014年10月23日 (木)

「リオグランデパリサンダー」の角棒

弊社の木のはがきシリーズの中に「リオグランデパリサンダー(Riogrande palisander)」という名前の木材があるのですが、

別名には「ボーコテ(Bocote)」とか「ボコテ」と呼ばれている樹種なのです。

「黄金檀(おうごんたん)」とも呼ばれて、取引されています。

「黒檀」や「紫檀」と呼ばれている「Ebony(エボニー)」や「Rosewood(ローズウッド)」と並ぶ、木目の美しい木材です。

「パリサンダー(Palisander)」という樹種は、別物で存在していて、こちらは「インディアンローズ」「本紫檀」と呼ばれるマメ科の木材です。「インディアン」という地域名で限定されていたり、「本・・」が付くくらい、格上の高級・希少な木材なのです。産地も「東インド・マダガスカル」に分布している材です。

「ローズウッド」と名前が付く樹種は、いっぱいあるので、産地で限定したりして区分して取引されています。もちろん「学名」まで分類すると、細かく分かれていくのですが、「木材」として取引して、材料として使用されていく中では、そこまでの細かさは必要なく、「おおざっぱ」な分類にもなるのです。

「リオグランデパリサンダー」が、「マメ科」なら、同じ仲間になるのですが、こちらは「ムラサキ科」です。そして産地は「中南米」なのです。

アメリカには「リオグランデ」という名前の河があったり、ブラジルにも「リオグランデ・・州」とか、その他「リオグランデ」という名前の都市があったりするので、

「リオグランデパリサンダー」は、木材の「産地」を頭につけて、高級な木材としての意味合いとして「パリサンダー」として呼ぶことになったんだろうと思っています。

こういう名前がついていると、いつかその地方へ行って、まだ土地に根付いて成長している「原木」を見てみたいね・・と、仕事を始めたころ、仕事仲間と話をしたりしていました。日本には生えていない「黒檀」や「アガチス」などの「原木ツアー」ができたらいいのに・・なんて。

タイトルへの前置きがすごく長くなってしまったけれど、

「リオグランデパリサンダー」は、木目が美しい木です。「派手」な木目が、「高級感」たっぷり・・といった印象です。

その木材を、「角材」にしました。

Bp1290754 

 これは、約24mm毎にカットしたのを並べています。のこぎりの刃が、約3mmあるので、ちょっとずつ木目が足りないですが・・。

8本を作りました。

2本ずつ隣同士で、組んでの販売です。

サイズは、

約24mm×約24mm×380mmです。

「リオグランデパリサンダー」で、直径20mmの丸棒を作って欲しいというご要望をいただいているのですが、

丸棒への加工がどうしても困難なため、お断りしています。

でも、木目が美しいので、この材で、丸棒にして、木目がかっこいい「マイバチ」に加工したいと希望される気持ちがわかります。なので、せめて「角棒」なら可能なので、加工してもらいました。

Bp1290755 

 アップで撮ると、このような木目です。

黄金のような色あいなので、

「黄金檀」とは、よく言ったものだなぁと思います。

黄色が多いほど「派手さ」はあります。

今回、初めて1枚の板から作った「リオグランデパリサンダー」の角棒を並べて、その1本1本の重さを量ってみて、わかったのですが、黄色が多い色あいは、軽かったです。

当然、材の端の方も軽いです。

Bp1290759


切り出した8本を、

この4組で販売することにしました。

兄弟のような4組だなぁと思っての、記念撮影です。

購入された方が、「マイバチ」に加工されたら、

ぜひ見てみたいと願っています。virgo

Bp1290756

板の裏側です。

Bp1290757

8本の角棒を順番に並べる決め手は、やはり「木口」の年輪が決め手でした。

「パズル」みたいな感覚で、

1枚の板に並べられたときは、うれしかったです。happy02




2014年10月18日 (土)

「木のおりがみ」

10月18日は、「ツキ板の日」ということで、

WEB SHOP「木のお店・常木」では、

「木のおりがみ」の販売を始めました。

樹種は、「杉」「桧」「ウォールナット」です。

Bp1290625天然の木材を、0.15mmという薄さにし、その裏に紙が貼られています。

Bp1290616 

 左は、「杉」です。

 

 それぞれに、

その木の香りがそのままに残っているのが、

うれしいです。

「杉」や「桧」は、国産材なので、香りを嗅いだことがあって、思い出せると思います。

「ウォールナット」いかがですか?

「ブラックウォールナット」は、「木の宝石」といわれるぐらい、落ち着いた美しさを持っていて、しっかりとした堅さを持ち合わせている中で、「柔らか味とぬくもり」を感じさせてくれるような材料だと思っています。

その「ウォールナット」材を広げていたりすると、「ウォールナットの香り」を楽しむことができるくらい、よい香りがします。「香り」なので、好き嫌いや個人差があるものですが、「ウォールナット」には、「あぁ、ウォールナットが香ってるな・・confident」とはっきりとした香りがする木材なのです。

Bp1290622
この薄い「ウォールナットのおりがみ」からも、しっかりとした「ウォールナット」の香りがしているので、感動でした。

今回販売を始めた「木のおりがみ 杉/桧/ウォールナット」は、1袋に1つの樹種しか入れていません。

ビニール袋から取り出した時に、その木の香りだけを感じてもらいたいと思ったからです。ビニール袋の中で、個々の香りがみんな混じってしまっては、楽しみが半減してしまうように思ったからです。

自然の香りなので、時間の経過とともに薄れてしまうはずです。

弊社でも、「ヒノキ工作材」など、商品が出来立てで届くと、箱を開けただけで、香りますが、在庫で保存していると、その香りは感じられなくなってしまいます。

そのようになった木材でも、長さを切ったり、紙やすりでこすったりすると、ふわっと香ります。

このおりがみで、木の香りを楽しみながら、「鶴」を折ったりしていただけたら、うれしいです。

Bp1280829 「木のおりがみ 桧」で作られた作品です。

http://tsuneki.ocnk.net/product/1699 3枚入りで342円(税抜)です。







2014年9月24日 (水)

森と木の魅力発信と木づかいの促進に向けて-2014 in 浅草≪ツキ板の日≫

Bp1280816virgoにとっては、

「ツキ板」について、

いろいろと学ぶことができました。

Bp1280819

ツキ板を使った工作コーナーが、人気のブースでした。

はさみで切ることができるほどの薄さです。

パンチで形を抜くことも可能です。

Bp1280822Bp1280826_2


 「木のお店・常木」の看板の製作をお願いして、長女に作ってもらいました。

看板の板は、「エンジュの斜板」です。展示紹介用に持って行った商品です。

ツキ板とのコラボ作品の出来上がりです。

Bp1280861

看板の下は、「木のうちわ」です。ツキ板で作ったパーツを貼って、完成です。

Bp1280857

Bp1280829_2 「木の折り紙」です。

折り紙体験コーナーもあって、

たくさんの作品が折られていました。














森と木の魅力発信と木づかいの促進に向けて-2014 in 浅草≪最終日≫

virgoは、4日目の最終日に出かけることができました。

Bp1280781 東京スカイツリーを川向こうに見ることができる「隅田公園リバーサイドギャラリー」の入り口です。

公園の地下にあるので、

「スカイツリー」を眺めにこられた方たちには、

地下への入り口が、

ちょっと目立たないかもしれません・・。

Bp1280800
virgoが、今回とても感心してしまったのは、木で作ったお花です。

入り口を華やかに飾っていました。

Cp1280801_2この木のままの色合いの素朴さが、

愛らしいコサージュです。

ぜひ、購入に踏み切りたいと思いました。lovely

Bp1280790_2
木材の利用方法や、

商品のアピールの場なので、

販売は行っていませんでしたが、

作品や、商品を展示しました。

Bp1280793













2014年9月19日 (金)

森と木の魅力発信と木づかいの促進に向けて-2014 in 浅草

長女chickが、

隅田公園リバーサイドギャラリーにおいて、明日から始まるイベントの準備をしてきました。

Dcim1031Dcim1028






「木のお店・常木」で販売中の木素材と「ウッディジョー」の完成見本品の展示です。

Dcim1032_2Dcim1030_2


レーザー彫刻作品の「名格言集」も展示しています。

Dcim1035

Dcim1033_2


このイベントでは、商品の販売はありませんが、

木素材の良さをアピールできたら良いなって思っています。

Mmori







2014年5月 6日 (火)

「クス(樟)材」

Bp1230071 左の写真は、「クス(樟)」の端材です。

taurus次男が、授業で「クス材」を彫っています。virgo「いらない部分があったら、ぜひ持って帰ってきて・・」というお願いにこたえてくれて、
「お土産だよhappy01」って言って、持って帰ってきてくれました。

弊社の取り扱いに、「クス材」は無いので、端材でもうれしいです。

ビニール袋いっぱいに、「クス」の香りshineがします。防虫剤の「樟脳」の材料なので、「樟脳臭い・・」という感じ方もあるとは思いますが、virgoは、大丈夫です。

約130mm角の角材を彫っているなんて、

うらやましいです。この年輪の様子から、「大きな木だったんだな~」と、勝手に大きな〇を想像し、大木の姿を想像してしまっています・・lovely

2014年5月 4日 (日)

エンジュ輪切り

0001_2
エンジュの丸太を加工した自然素材が入荷しました。

久しぶりに、製造できました。

「輪切り」「斜輪切り」「斜板」などの形状に、加工します。

自然素材なので、サイズなどはひとつひとつ、違います。

同じものが2つと無いのが、木材のおもしろい&愛おしいshineところでもあります。

写真の素材は、「エンジュ輪切り 60-No.1400」という商品名になります。0002


数字の最初が、高さを表していて、

「60」だと、60mmの厚さです。

続く、「No.1400」という数字は、税抜1400円という価格で、

自然素材を分類しています。

大きさや形だったり、その時の丸太の時価だったり・・で、

価格に変動があります。

写真は、丸太の木口の長いところで、約190mmです。

 「エンジュ輪切り」を紹介したくなった理由があって、

久しぶりに書いています。

新しく入荷出来たhappy01ということもうれしいことの一つなのですが、

ホームセンターで配られているフリーペーパー「PaKoMa(パコマ)」という小冊子があるのですが、

2014年5月号(vol.196)を手に取ることができました。

三田村邦彦さんの連載の「手仕事工房」というコーナーで、

毎月工作をされて、作品を紹介している記事があります。

今月は「スタンド型ライトflair」でした。

その土台に使われていたのが、「エンジュ輪切り」でした。

弊社の商品というわけではないのですが、

自然素材を使われて作品を作られていたので、

うれしくなりました。

土台について使われている樹種についての説明はないのですが、

「エンジュ輪切り」は、辺材が黄色い色をしているのが特徴です。

お土産屋さんなどでも、木彫りで茶色と黄色い色のコントラストを活かした作品を多く見かけます。

「エンジュ輪切り」は、ずっしりとした重さもあるので、

土台にはぴったりです。

「木のお店・常木」でも、販売出来るように、商品登録しようと思いました。

自然素材を使った作品が、いろいろ紹介できると良いなって思っています。


2013年12月 7日 (土)

ボールペン&ピックボックスにレーザー彫刻してみました

0013上から、「カリン」「ケヤキ」「パリサンダー」のボールペンです。

0014 

 「カリン」のボールペンは、製作者の方からのプレゼントpresentでいただいたもので、

愛用させてもらっています。

書体English111 Vivace BTで、名前を彫りました。

「ケヤキ」のボールペンと

「パリサンダー」のボールペンは、

書体Nimbus Scriptで、彫っています。

左の板は、書体のサンプルを試しに彫ってみました。(材はニレです)

Bp1160229_4 上は、「パリサンダー」ボールペンとピックボックスです。お世話になった方へプレゼントpresentするために、名前を彫ってみました。

ボールペンは、書体サイズ16ポイント。

ピックボックスは、20ポイントです。

Bp1160231

 右は「ケヤキ」ボールペンです。

下は、チーク飾り台です。

2013年プレートを作るために、

一緒にレーザー彫刻をしたので、「2013」と彫ってあります。

天然の木で作られたハンドメイドボールペンに、

名前をレーザー彫刻すれば、世界に2つないボールペンの出来上がりです。

2013年12月 5日 (木)

レーザーカットオーナメント 着色してみました

0004 

 この3つのデザインは、昨年長女が描いてくれたものなので、

virgo私の実家の母にしてみれば、「孫shineのデザイン」ということになるので、

着色してプレゼントすることにしました。

「クリスマスリースキット」の依頼もあるのですが、

そっちは試作段階の作品例がいくつかあるので、

そこに色足しをして、届けようと思っています。(マニキュアshine足しにチャレンジしようと思っています。)

100円均一ショップで、キラキラshineした感じのマニキュアを購入しました。(爪に塗ったことがないのに、木材に初めて塗ることになるとは・・coldsweats01

 0003
 

 カラーペンを使って、色塗り感覚で、着色を楽しめます。

virgo4色ぐらい色塗りして、

周りを「キラキラshineマニキュア」で、ぐるっと塗ってみただけです。

 赤と緑のひもも、100円均一ショップで、購入しました。

 長女のデザインは、子どもさんたちがよろこんでくれるような「かわいい」系ではないですが、

それもご愛嬌・・ってことでcoldsweats01

 

 長女は、今年の「クリスマスフェスタ用」に別のデザインを頼まれていたようなので、どんな作品になったか、楽しみです。



«レーザーパーツで作る「クリスマスリース」